極小豆柴専門犬舎 こすず荘


私達は静岡県静岡市にて、1999年より極小の豆柴を専門に繁殖しております。
愛情をかけて育てて行く事を第一に考え、小規模での繁殖をしております。

手を広げず、自分達がしっかり向き合える頭数での繁殖を心がけておりますので親犬・引退犬達はもちろん、新しく生まれて来る仔犬ちゃん達一頭一頭の性格や癖、趣向まで細かく理解しております。

私達は、仔犬ちゃんが誕生してから新しいご家族さまのもとへ旅立つ、生後3ヶ月までが人間で言う『三つ子の魂百まで』と考えており、この時期にどれだけ生まれ育った環境(繁殖者の元)で手をかけて育てられたかで、その子の一生は全く違うものになると信じております。目が開くと同時に母犬・兄弟犬と離れ離れにされ、一頭ずつ狭いケージやガラスケースに陳列される事など、とても悲しい事だと思っております。
一般的に、おトイレのしつけや、無駄吠え、噛み付き、破壊行動、情緒不安定等、犬と一緒に密に生活する中で、困ってしまう事柄のほとんどが、この時期の育ちによって左右されます。そのような仔犬ちゃんが、新しいご家族さまの所へ行ってから直そうとした場合、多大な労力や時間・スクール等の高額な費用がかかってしまい、こんなはずでは無かった、と感じられるご家族さまが多いというのが現状です。

こすず荘では、そういった子にならないよう誕生後まもなくより、母犬達による犬としての子育てに加え、目が開く前からのおトイレトレーニングや、家庭内のさまざまな音や環境に慣れていけるためのトレーニング等、犬の習性を踏まえて無理なく自然に身につけられるように、最大限の努力をして育てております。

特に、生後80日までは1日1日が財産です。そのため、生後80日以降でのお迎えに来て頂くようお願いしております。

こういった事から、お迎え後も新しいご家族さまから喜びのお声をかけて頂く事も多く、信頼を寄せて頂いております。また、仔犬ちゃんとの生活の上で、悩みなどがあった時には、ご家族さまと一緒に悩んだり、その子にあった子育てが出来るようにお手伝いさせて頂いております。


仔犬一頭一頭が掛けがえのない大切な命であり、お金さえ払えば安易に飼えるというわけではありません。
私達は、仔犬ちゃんの幸せを第一に考え、新しいご家族さまとのご縁を頂く際、「仔犬ちゃんを家族の一員として幸せにして下さるご家族さま」かどうかを前提に探し、待っております。豆柴ちゃんが大好きな方、熱い情熱を持っている方大歓迎です。そんなご家族さまと、末永くお付き合いできたらとても嬉しく、幸せに思います。




私達が豆柴ブリーダーを始めたいと強く思ったのは、二年間探し続けやっと出会えた豆柴「ム~チョ」の死でした。ム~チョは不慮の事故で突然亡くなってしまいました。
いつものように朝ご飯を食べて、まったり 日向ぼっこしていたのに。。。
ついさっきまでは、一緒に遊んでいたのに。。。
もう二度と目を開けてはくれませんでした。

「遊ぼぉ~♪」とキラキラしたお目々で催促する姿も一生見れなくなりました。
私さえしっかりしていれば、まだ今も元気に遊んでいたはずなのに。

あの時の事は今でも、思い出すと涙が浮かんでしまいとても悲しくて、辛い事です。

ム~チョは私達に犬と生活する喜び、豆柴に対する熱い気持ちを持った方との出会い、小型犬における妊娠管理、仔犬出産の難しさ、それによってもたらされる大きな喜びや、育児をする母犬のすばらしさ、仔犬と母犬の成長・その絆など、ム~チョは本当に短い生涯の中で、数え上げればきりがない程・・・・・たくさんの事を教えてくれました。
ム~チョの残してくれた命と思い出を絶やす事のないように、精一杯頑張っていきたいと強く思いました。




豆柴犬の質にもこだわり、長年柴犬からやられていたプロのブリーダーさま方よりご指導も頂いて、柴犬の特徴を壊すことのないように繁殖をしていく事を強く意識しており、新しい血を探す時、繁殖の時、良い犬がいると聞いた時など、労力も距離もコストも惜しまず努力を重ねる事を重要視しております。今後も引き続き良い豆柴犬を捜し求めて更なる努力をしていくつもりです。

また、こすず荘では小規模体制を守り、引退後も愛犬達を手放す事はありません。保母さん、保父さん犬となって、幸せに余生を過ごしてくれたらと願っております。

小規模ですが、極小で可愛らしく、柴犬の良さも引き継ぐ豆柴の繁殖に努めていきたいと思っております。今後共どうぞ宜しくお願い致します。


こすず荘





私達は、他のブリーダーとは違い、引退した子達も生涯大切な家族として一緒にいてもらい、手放すことはありません。引退ワンコが、虹の橋を渡るその時まで、責任を持って、一緒に生活をしていきます。

また、仔犬ちゃんを育てるにあたり、手を掛け愛情いっぱいに育てることはもちろん、社会性の基礎を育むため、生後80日以降でのお迎えを徹底しております。

このようなポリシーを持ってブリーディングを行っていますので、きちんとした食事やケア、必要な医療など、莫大なランニングコストが掛かってしまうことも、避けようがありません。

Dog Life Kosuzuでの売り上げは、引退ワンコや仔犬ちゃん達のために使われます。ゆくゆくはそれで引退ワンコ達の生活を支えていけたらと考えております。頑張ってきたパパ、ママのために、少しでもお力を貸して頂けたら幸いです。

PageTop ↑

PageTop ↑

Copyright 2010 KOSUZUSO FAMILY. All Right Reserved.